結婚相手と知り合うきっかけの場所とは?

自然の出会いが訪れるタイムリミットをまずは知ってください。
学生時代の出会い。職場での出会い。ナンパされての出会い。知人・友人などからの紹介。
趣味・サークル活動・習い事などのコミュニティーでの出会い。コンパ・出会いイベントなどでの出会い。お見合い・結婚相談所入会。多少の前後や同タイミングもありますが、振り返るとだいたいこの順序になっていませんか?年齢を重ねると自然な江合は一般的な方なら必ず少なくなります。最近では学生時代に知り合った男性とのご縁を結果に結びつけている女性も増えてきています。「出逢い」は訪れるものかもしれませんが、既に出会っていることに気づくかもしれません。もしかしたらずっとそこに合ったのかもしれません。この時点ではまだ理解できないかもしれませんが。特に考えておくべきことは結婚相談所を最後の砦にするのはまだ早いということです。「なぜ?私は良い出逢いに恵まれないのか?」、「果たして!?出逢いの最後の砦は本当に結婚相談所なのか!?」その答えが書いてあるのがたまたま見つけたこの結婚相談所についてのサイトです。ここでは結婚相談所・婚活事情がかなり詳しく掲載されています。「社会人になると出逢いが極端に無い!」とかなりの方から悩みを聞きます。最終的にどうしても無理ならとよく言われますが、私の周りのそんな方々は結構出会いの場に身を置く努力をなさっている方ばかりです。なのに、成果が出ないのには共通の失敗をしているからなのです。

そもそも出会いの倍に身を置かない方は、第一歩としてイベントに参加したり、旅行や趣味の活動やスポーツサークルやお料理教室など、異性・同性に関係なく人脈づくりから始めてみることをおすすめします。

既に努力をされているが婚活迷子の方やこれから活動をしたいと思っているあなたには、何を何のために何をするのか?その方法をここでは過去に起こった実体験を交えてヒントを公開します。

申し遅れましたが私は関東で婚活支援サロンを運営しています。私の実体験や実際にお世話をさせていただいている会員さんや今まさに出逢いを求めて活動なさっている方のリアルな現場の声や「成功・失敗」体験を赤裸々にご紹介してきます。

婚活に答えはない

私は婚活に正しい方法なんてないと思っています。いうまでもなく、男女の関係は本当に不思議で様々なカップルがいて、様々なエピソードがあります。

だからこそ、自分に合った婚活方法をいち早く見つけて自由に出会いを楽しんでください。「出会いがない」という人に限って自分ではあまり行動していなかったり、合コンやパーティーに出かけていっても「いい人がいない」と嘆いています。

婚活をすることは、まさに自分磨きです。合コンや婚活パーティーに出かけていくことでどうすれば素敵になれるのかが見えてくるし、紹介やお見合いでうまくいかない経験は自分を見つめなおすいいきっかけになります。どんどん積極的な出会いを求めて行動していきましょう。なんだかんだ言っても、出会ったもん勝ちですからね。

婚活は必ずしも楽しいものではありません。合コンでうまくいかなかったり、婚活パーティーでカップリングできなければ、プライドは傷つき楽しくとも何ともないかもしれません。

友達の紹介やお見合いをしても、断られたショックで落ち込むかもしれません。でも、そんな行動の中にヒントはたくさん隠れています。あなたのこれからの豊かな人生のために、第一歩を踏み出してください。あなたのたくさんの素敵な出会いがありますように。愛をこめて。

結婚相談所・仲人が一番いい婚活方法

「結婚相談所」や「仲人」などはビルの一角に事務所を構えていたり、自宅兼事務所などの個人経営が多く、大抵が会員のデータベースを共有して情報をもらえる結婚情報会社に加盟しています。

「結婚情報サービス」と「結婚相談所・仲人」の大きな違いは、「結婚情報サービス」が会員情報を提供してもらえるデータマッチングがメインなのに対して「結婚相談所・仲人」はアドバイザーとして活動のサポートがメインになっています。

お見合いのセッティングは仲人がプロフィールを見て釣り合うお相手を紹介する場合と直接事務所に出向いて会員情報のファイルの中から希望の方を選んでお見合いをお申込みしたり、最近では自宅にいながらパソコンや携帯電話からも検索してお申込みが出来るようになっているところが多くなっています。

お見合いのお申込みからセッティングにいたるまで仲人(婚活アドバイザー)が間に入ってお世話してくれます。交際中の相談もでき、客観的なアドバイスももらうことができます。時には耳の痛いアドバイスをしてくれるのがいい仲人と言えるでしょう。

また、仲人が間に入ることで交際中のトラブルも未然に防げたり仲人間の強力なネットワークによりご紹介がもらえたりすることもあります。

仲人・婚活アドバイザーの意見を聞きながら活動を進めたい人、自分では一歩がなかなか踏み出せない人、背中を押して欲しい人に向いています。仲人・婚活アドバイザーとの相性・信頼関係は何より大切です。

入会時の費用、一回のお見合い料や月会費制、婚約が決まった時の成婚料(成果報酬)などプランも金額も実に様々です。契約時には活動中のお約束事も含めて確認します。

【独断と偏見で厳選】ブランドバッグの魅力

ブランドバッグの中で私のイチオシは何といってもTOTE(トート)バッグです。クロコ調に型押しされたレザーを使用し、高級感を醸し出したフォルムが人気です。サイドのタッセルフリンジが付いたファスナーを下げると、マチ部分が広がり収納力が格段にアップします。シーンに合わせてフォルムを選択できるところがうれしいところであります。サイドのマチの部分を広げるとかっちりしたシルエットから一転、おでかけにぴったりなショッピングトートにフォルムチェンジをするのです。収納されているマチ部分は、インナーと同じカモフラージュ柄でカジュアルな魅力をプラスしてくれます。センターにはフェリージのロゴがオン。ろごまあーくはフェリージ家の紋章となっておりフェリージのほぼすべての商品にあしらわれているのです。

クロコの型押しがされたラウンドファスナー長財布とコインケース。しっかりとした作りなので気にせず毎日使っていけます。保存状態がとても良いのでブランド買取に出した時でも高価買取が可能なのです。センターのロゴマークでしっかりとブランドアピールをしてくれます。

フェリージの象徴的なデザインの二つ折り長財布ですがマチ幅が広く、開けると札用ポケットが6つと大容量な構成。留め具でマチ幅を調整できるので、お札や小銭をたくさん入れても困りません。

イタリア・フェラーラ創業の伝統工芸に魅了されたバッグブランドが存在します。1973年、フェリージはイタリアの小都市フェラーラで創業しました。伝統工芸であったバグ政策に魅了された初代社長アレッサンドロ・フェリージは、独自の革製品を創ろうとフェラーラ旧市街の一角に革工房をオープンしました。ここからフェリージの歴史が始まりました。工房で趣味のように作っていた革製のアクセサリーが評判を呼び、「フェリージ」という名前をつけて販売されました。これがブランドとしてのフェリージが大きく動き出した瞬間でした。そしてフェリージは軌道に乗り、国内だけではなくて海外からも高い評価を得るブランド品へと成長を遂げました。デザイナーにドメニコ・ベルトラーを迎えこれまでの伝統的なスタイルをベースに彼の想像力と技術で上質な洗練されたデザインのアイテムを次々に発表していきました。フェリージはさらなる躍進を遂げていきます。ブランド市場での市場価値も高まりつつあり、ブランド買取を行っている買い手からは目玉のブランド品として絶大な人気を集めています。今回するトートも、伝統と革新に満ちた魅力があちらこちらに散りばめられたデザインとなっています。一番の特徴は、ファスナーを開くと展開するマチ部分です。荷物が少ない時と多い時でフォルムを変えられる、フェリージらしい実用性に富んだデザインが魅力的です。伝統を守りながらも個性あふれるレザー使いで我々を魅了してくれるフェリージの新アイテムは欠かさずチェックしていきたいと思います。

出会うためだけに行くんじゃない!

合コンや婚活パーティーも、今までに合コンやパーティーへの参加経験が少なかったりすると、勝手が分からず戸惑うことばかりかもしれません。でも大丈夫。合コンに向かないと思っているあなたでも、とにかくめげずに参加してください。居心地が悪いからといっていつまでも尻込みしていてはなんの進歩もありません。出会いの場である「合コン」や「婚活パーティー」ですがこの際はその目的は一旦横に置いておきましょう。そして、まずは「出会い力」をつけるために参加してください。合コンでもいつもおいしいところを持っていく友達。いつもモテる友達。そんな彼らはどんな表情で、どんな会話をしてどんな風にふるまっているのか。異性に対してどういう気の使い方をしているのか、などを観察してください。パーティーで人気のある人。目を引く人。たくさんの人に告られる人。彼らは自分と何が違うのでしょうか。服装、アクセサリー、持ち物、姿勢、立ち居振る舞い、笑顔、会話、雰囲気などをチェックしましょう。見るべきは、異性ではなく同性です。ライバルのいいところをいただくために、「合コン」、「婚活パーティー」に参加しましょう。

合コンではモテる友達の「技」を見て盗み、パーティーでは自分から見ても「イケてる」同性の良いところを盗んでいきましょう。そして次のチャンスにあなたはそれを活かしていくのです。できるところから少しずつ取り入れていってください。徐々に自然とできるようになっていって、自信もついていきます。自分なりの表現の仕方も発見できるでしょう。ぜひ積極的に参加してくださいね。きっと素敵な出会いも待っていますよ。

失敗しない婚活のために~あなたに合った婚活をしよう~

待っているだけでは出会いはやってこない。ならば自分から行動するしかありません。限られた時間を無駄にしないためにも自分に合った方法で積極的に婚活の場に足を踏み入れていくことが必要です。

ぜひあなたに合った婚活方法を見つけましょう。友人・知人からの紹介や、合コン、婚活パーティー、ネットの出会い系サイト、結婚相談所と、様々な婚活方法があります。

いくつかの方法を組み合わせながら素敵なパートナー探しをしましょう。友人知人からの紹介・合コンという意味では、まず婚活をはじめたら周囲のお友達にそのことを伝えましょう。それがなくては紹介や合コン話もやってきません。お互いをよく知る友人からの紹介は、結婚のきっかけとしては何よりも安心で確率も高い最強ツールです。積極的にお願いしましょう。だからといって頼り過ぎないことも結婚を勝ち取るためには大切なことです。特に友達が企画してくれる合コンはチームプレーが大切です。受け身でばかり待っているだけではいけません。一緒に盛り上げようという気持ちがあって初めて楽しい会になりますし、次の合コンにつながっていきます。

初対面でも楽しめる人、全体の空気を読める人、コミュニケーション力に自信のある人に向いています。人見知りでなかなか積極的に行動できない人は、まずお友達の企画する合コンに参加して慣れることから始めましょう。婚活の中でも気軽に自然な出会いがイメージ出来て参加もしやすい合コン。積極的に参加していきましょう。

価値観の不一致はどうする? どんな結婚生活がしたいですか

離婚の原因でとても多いのが「価値観の不一致」だそうです。今まで別々の環境で生活をしてきた二人ですから、本当は価値観なんて違って当たり前です。だから価値観が違うと感じたときに、お互いにどういう行動ができるかが大きなポイントになってきます。理想の夫婦像。身近にいるあなたが理想とするご夫婦があれば、その方をイメージしてもよいでしょう。両親のような夫婦ということもあるでしょう。どういう家庭を築きたいか、こんな夫婦でありたいという理想を書き出してみましょう。

もちろん一生独身で孤独死なんていやですからいつまでに結婚したいかを考えます。具体的に期限を設けます。何事も目標が大切です。目標を決めることで行動にメリハリがもてます。目標を設定したらそれを達成するために具体的に何をすればいいかも見えてきます。決めることで俄然やる気が出てきます。いつまでに結婚したいか、ぶっちゃけ理由なんて何でもいいと思います。そして、周囲にも公言しましょう。お友達が紹介してくれたり、イベントに誘ってくれたり新しい出逢いのチャンスが訪れる可能性も広がりますよ。自分の長所、短所、自己PRも必要になります。今度は自分自身に目を向けてみましょう。自分の長所、短所、あなたと結婚するとどんないいことがあるのかを書き出してください。自己PRは出会いの場ではとても大切になってきます。短い文章でいかに相手に自分の魅力を感じてもらえるか、もっと知りたいと思ってもらえるかの勝負です。

そして自分で自分を知ることが何よりも大切になると考えます。自分の性格的な長所や短所、結婚相手としての自分は相手に何をしてあげられるのか、これをしっかりさせておきましょう。結婚は自分だけでするものではありません。相手にも同じように理想があります。お互いがお互いを思いやれて、歩み寄れて初めて一緒にいられます。そう考えるとどうでしょう。少しずつ自分の求めているものがはっきりしてきて理想にも幅ができます。

理想を言うのは自由です。でも、少し立ち止まって考えてみましょう。本当に大切なものは何なのか、どんな人がいいのか、どんな自分が今の自分にふさわしいのかを少し考えてみると、見えなかったものが見えてくるかもしれませんね。

いくつかの例をあげます。

・30代の女性

女性「学歴は大卒以上、年収は600万円以上が理想。」

私「じゃあ、学歴が有名大卒で年収が400万円の人と、高校卒で年収1000万円の人。どちらがいい?」

女性「あ、それなら高卒でもOKです。」

・40代女性

女性「私も初婚なので、お相手も初婚の方がいいです。」

私「○○さんは、子供は欲しい?」

女性「そうですね。できれば欲しいですが、年齢を考えると無理かもしれないですね。」

私「…。」

女性「あ、そうか!男性にお子さんがいたら私のプレッシャーが少し和らぐかもしれません。なるほど。」

・50代サラリーマン男性の場合

男性「35歳くらいまでの年齢が希望。やはり子供が欲しいと思う。」

私「では、定年は何歳ですか? 60歳で定年とすると、今すぐお子さんが産まれたとしても定年時に7歳。65歳定年で12歳。その後の養育費どうしましょう?」

男性「勝手なことばかり言ってちゃいけないね。しっかり考えないとね。」

・男性の学歴重視の女性。有名大学卒が希望ならば「外見が好みじゃなくても、年収が自分より低くてもOK」

・一流企業に勤務の男性が希望ならば「身長が低くても、頭がハゲていてもOK」

・年収は800万円以上は欲しい。それなら「10歳以上年上でもOK」

・奥様に仕事は続けて欲しいなら「家事も育児も積極的に手伝います」

いかがでしょうか。この「婚活ノート」は、自分自身を知るためにとても有効的です。自分の理想を持つことは良いことですね。自分の求めていることが何かのかが具体的になることで、いつもしっかりアンテナが立ってチャンスを見逃さなくなります。そして、自分自身のことをよく知ることで自分が相手にどんな風に幸せにしてあげられるのかに気付いていきます。プロフィールや条件の素晴らしさだけではなくてもっと大切なことに気づいたら結婚はもうすぐそこです。

婚活をしながら折に触れて何度もやることをおすすめします。その時々であなたの思いも変化していくことでしょう。

結婚への思いを変えてみよう

「あっという間に時間が過ぎちゃった」という人がいますがあっという間に時間は過ぎません。色々な言い訳をつけて、結局はぎりぎり。気づいたらもうこんな年齢。

結婚したいと思うなら、さらには理想の結婚をしたいと思うなら、手遅れになる前に、動き出しましょう。

「友達もまだまだ結婚していないし、まだ大丈夫」「20代を楽しまないとね「海外旅行とかいっぱいいきたいし」「やっと仕事が楽しくなってきたところだkら、結婚はもう少しあとで」「女同士(男同士)といるほうが楽でいいし」「人見知りしちゃうんです」「合コンとか苦手で」「お見合いとかはちょっと」「ガツガツしているように見られたくない」「30代って一番輝いているよね」「お一人様も悪くないね」「老後は友達と一緒に暮らそうと話してる」「今のままでも不自由しないし」などなど…。

結局、自分の幸せは自分で捕まえにいかないと手に入りません。なんだか余裕をみせて「間に合っています「不自由にしてません」的に聞こえるけれど、結局は人の目を気にしてしたり、自分から女性に話しかける勇気がなかったりするだけではありませんか。

女性も同じです。他人の目を気にしたり、体裁を繕っている暇があるなら、自分の幸せは自分でつかみに行きましょう。いくら仕事が忙しくても、将来をしっかり考えるなら、余裕を見せている場合ではありません。

「仕事が忙しくて出会いがない」「恋愛している暇がない」といかいうのは、「仕事が忙しくなければ、出会いがあって恋愛もできる」というように聞こえます。

でも、恋愛できず彼(彼女)ができない状態が続く限り、次の言い訳ができてしまうもの。「いい男(女)がいなくてね」とか「やっぱり一人って楽だよね。」とか。

結婚したいと思うならば、「恋愛できていない事実」「結婚できていない事実」をしっかりと受け止めて、その原因が何なのかを考えていく必要があります。

自分を分析するのは楽しいことばかりではないけれど、その気づきが今までの自分からの脱却。「婚活ノート」をつけるというのも結婚を成功させるための方法であります。

「仕事が忙しいから結婚できない」は言い訳!

「仕事が忙しくて恋愛や婚活ができない」ということで仕事を口実にして未婚でいることを正当化している人もいます。

「仕事が忙しくて出会いがない」「仕事と家庭の両立は無理」だとしたら、仕事が忙しい世の男性はみんな結婚ができないことになってしまいます。でも、そんなことはないですよね。どんなに忙しくても結婚している人はいます。本当はモテない事実を認められずに、「仕事が忙しい」ことにしてイタさを紛らわせているだけなのです。

もう一方で、本当に忙しい人もいます。男性も女性も、プライドを持って仕事に臨めることはとても素敵なことですよね。男性にはやっぱりやりがいのある仕事を頑張って欲しいと思いますし、最近は男性からも女性のキャリアに対して、とても好意的になってきたと感じます。

仕事を頑張っている女性は、男性と対等に経済やビジネスの話ができることも多く、益々ステキに映ります。

でも男女ともにキャリアのある人で、とても残念に感じるのは、「忙しすぎること」です。

結婚相手を探したいという気持ちはあるのに、時間がそれを許さない。余裕のない生活になってしまいます。

朝早くから深夜まで毎日仕事で、食事にいく時間もなかなか取れないようでは、出会う機会もなければ、せっかく出会っても2人の関係を育てる暇や余裕がありません。

時間に余裕がなくて結局相手探しが後回し。いつまで経っても婚活に力が入らないのも仕方がないのかもしれません。

「婚活」に力を注ぎたいと思ったら、将来のために、少しだけ焦ってみてください。「今は仕事。結婚は後回し」という余裕はどんどん結婚へのチャンスを遠のけてしまいます。

間違えた努力をしないために

「自分磨きを頑張ります!」

「自分磨き」良く聞く言葉です。

あなたはどんな「自分磨き」をしていますか?

外見をきれいにするために、エステ・ダイエット・メイク講座などでしょうか。男性も女性の心をつかむためのモテ講座や、ファッションセンスを磨いたり、レディーファーストを実践したり。

もちろん結婚の前に恋愛がありますから、汚いよりはキレイな方がいいし、ダサいよりはスマートな方がいいかもしれません。

だけど、自分磨きの方向を間違えいないかもう一度よく考える必要があります。どんな人生を送るためにどんな結婚生活があり、どんな家庭を作るのか。その家庭はどんなパートナーと作りたいのか。

そんなことを真剣に考えてみると、磨くべき「自分」が見えてくるかもしれません。何事もやり過ぎは注意ですね。

「誰かいい人を紹介して」婚活を始めたら、それを周囲に公言することはいいことです。ただそれだけではダメ。待っているだけでは何も始まらないのです。紹介を待つ間にも、自分から積極的な行動を起こしましょう。

お願いしてそのまま何の行動も起こさないでいるとあっという間に時間は過ぎてしまいます。

紹介をお願いしたのにいつになっても誰からも紹介が来なかったら、「どうして紹介してくれないの?」と焦るばかりです。「こんなにお願いしているのに・・」と。

紹介をお願いして、待っている間にも自分で行動を起こさなくてはいけません。待っているだけで何もしなくては、時間が過ぎるばかりでどんどん増していってしまうだけ。

まずはお願いしながらも並行して他の行動をとっていきましょう。さらに言えば、紹介が来ないのには理由があるかもしれません。

友達から見て、紹介したくなる自分かどうか見つめてみましょう。自分磨きのやり過ぎは注意だけど、そういうことを考えて自分磨きをしてみるのもいいかもしれません。