結婚への思いを変えてみよう

「あっという間に時間が過ぎちゃった」という人がいますがあっという間に時間は過ぎません。色々な言い訳をつけて、結局はぎりぎり。気づいたらもうこんな年齢。

結婚したいと思うなら、さらには理想の結婚をしたいと思うなら、手遅れになる前に、動き出しましょう。

「友達もまだまだ結婚していないし、まだ大丈夫」「20代を楽しまないとね「海外旅行とかいっぱいいきたいし」「やっと仕事が楽しくなってきたところだkら、結婚はもう少しあとで」「女同士(男同士)といるほうが楽でいいし」「人見知りしちゃうんです」「合コンとか苦手で」「お見合いとかはちょっと」「ガツガツしているように見られたくない」「30代って一番輝いているよね」「お一人様も悪くないね」「老後は友達と一緒に暮らそうと話してる」「今のままでも不自由しないし」などなど…。

結局、自分の幸せは自分で捕まえにいかないと手に入りません。なんだか余裕をみせて「間に合っています「不自由にしてません」的に聞こえるけれど、結局は人の目を気にしてしたり、自分から女性に話しかける勇気がなかったりするだけではありませんか。

女性も同じです。他人の目を気にしたり、体裁を繕っている暇があるなら、自分の幸せは自分でつかみに行きましょう。いくら仕事が忙しくても、将来をしっかり考えるなら、余裕を見せている場合ではありません。

「仕事が忙しくて出会いがない」「恋愛している暇がない」といかいうのは、「仕事が忙しくなければ、出会いがあって恋愛もできる」というように聞こえます。

でも、恋愛できず彼(彼女)ができない状態が続く限り、次の言い訳ができてしまうもの。「いい男(女)がいなくてね」とか「やっぱり一人って楽だよね。」とか。

結婚したいと思うならば、「恋愛できていない事実」「結婚できていない事実」をしっかりと受け止めて、その原因が何なのかを考えていく必要があります。

自分を分析するのは楽しいことばかりではないけれど、その気づきが今までの自分からの脱却。「婚活ノート」をつけるというのも結婚を成功させるための方法であります。